複数台構成

近年ウェブサービスの高度化によるデータ量の増加が著しい中、サーバへの負荷は日々増えている状態です。更に不正アクセスやハッキングによる情報漏洩など、セキュリティー面でもサーバ管理の負担が増大しております。このような問題を解決してくれるのがIIJ GIO USサービスの複数台構成サービスです。複数のサーバを使用して、サーバの負荷軽減や安全性の向上が可能となります。もっとも効果的なセキュリティー対策と冗長化構成を実現する複数台構成についていくつかご紹介致します。

可用性 柔軟性 パフォーマンス セキュリティ 冗長性
1台構成 1 1 1 1 1
2台構成 1 2 2 1 2
負荷分散構成 3 4 5 2 3
セキュアー負荷分散構成 5 5 4 5 5
1=低い、 2=少し低い、 3=普通、 4=高い、 5=非常に高い

通常サーバ1台で運用する場合

通常サーバ1台で運用する場合

サーバ2台構成で運用する場合

サーバ2台構成で運用する場合

負荷分散を考慮した複数台構成図(例)

サーバを複数台構成にすることによりサーバへの負荷を分散し、ネットワークの遅延やサーバダウンなどの問題を避けることができます。ロードバランサーを利用する負荷分散構成によって多数のアクセスによるサーバへの負荷やネットワーク負荷の軽減ができサーバダウンを防止することができます。

負荷分散を考慮した複数台構成図(例)

セキュアーな負荷分散構成図(例)

マネージド ファイヤーウォールサービスをご利用頂く事によりさらにセキュアーな環境を構築する事が可能です。

セキュアーな負荷分散構成図(例)

“ウェブサーバと DB サーバにわけて運用したい”、“複数のサーバを相互接続したネットワーク構成にしたい ”という皆様のご要望にもIIJ GIO USサービスは自信を持ってお応えします。

複数台構成、ロードバランサー導入やマネージドファイアーウォールなどご希望のお客様はこちらまでお問い合わせください。

VMware Partner Logo


IIJ GIO IIJ America PLESK CPanel